瞬間催眠術とは。瞬間催眠術覚えるメリット

瞬間催眠を学びたいという旨で当セミナーに相談する方が時々います。

・瞬間催眠術とはなにか?
・催眠術と瞬間催眠術の違いについて。
・瞬間催眠術の注意点

瞬間催眠術とはなにか

一般的に、この動画のように素早く催眠術にかけることを瞬間催眠術として捉えられています。

この動画は私自身が行っている催眠術になります。他の催眠術師よりもかけるスピードが速いことから、「瞬間催眠術」と称されることもあります。

瞬間催眠術のかけ方

動画のように素早く催眠にかけるにはどうすればよいのか、解説していきます。

①基礎的な催眠の理解

基礎的な催眠を理解することが絶対条件になります。
後述しますが、瞬間催眠術という特別な催眠術が存在するわけではありません。催眠を理解することが瞬間催眠術の習得における基盤になります。

そうした理解を深めていくことで、安全かつ有効的な瞬間催眠術を使用することができます。

②それぞれの催眠の特徴と理解

動画では様々な方法での瞬間催眠術が行われていますが、それぞれやり方によって”なぜ催眠現象を成立させる要素”が異なってきます。

そもそも一瞬で深くまで催眠にかけるような瞬間催眠術は、状況によっては行わない方がよい場合もあります。

③状況に合わせた声掛けとタイミングと力加減の調整

声掛けのタイミングと、力加減を失敗するとうまくいきません。催眠術習得セミナーでは、受講生の目的に応じて必要なだけ習得していただいております。

瞬間催眠術が生まれた背景

素人催眠術師が自身の催眠に「瞬間催眠術」と名付けてDVD売り出したのが始まりです。
※ここでの素人催眠術とは、心理臨床家で言われている素人催眠であり、経験の差を表すものではありません。

つまり、元は一種の販売戦略です。

日本では、時折色々なテレビ番組などで催眠術師が呼ばれることがあります。しかしながら、たとえ10回以上テレビ出演したとしても芸能人のように名前を覚えられることはありません。

そうした背景から、自身の催眠に瞬間催眠術という名前で売り出した素人催眠術師が出現し、そこから瞬間催催眠が日本に広まっていきました。

よく似たものとして、フォークを曲げる手品をメンタリズムという表現でパフォーマンスをしていた人が存在します。フォーク曲げは手品としては珍しいものではなく、テレビに取り上げられたとしても誰も名前を覚えることはありません。

そこで、手品のフォーク曲げをメンタリズムと呼称を変えるだけでテレビに取り上げられ有名になった人がいます。

つまり、瞬間催眠術という特別な催眠術は存在するわけではありません。また、そういった専門用語が存在するわけでもありません。

強いて瞬間催眠術を専門用語として表現するならば「現代催眠」という表現になります。

とはいえ、瞬間催眠術という表現の方が認知されているため、YouTubeではあえて「瞬間催眠術のかけ方」として投稿しています。

催眠術と瞬間催眠術の違いについて

一瞬で深くまで催眠にかける催眠術には、催眠を学んでいない方からすればより優れたものに見えるかもしれません。

実際にそのような誤解をしている方も多いです。

どのような場面で、なぜ催眠を使うのかによって、場合によっては早く催眠にかける必要性が出てくるでしょう。そうした場合、瞬間催眠術と表現されるような催眠が有効になります。

しかしながら、かけるのが早いからといって他の催眠よりも優れている訳ではありません。

催眠術をショーとして要いる場合、先ほどの動画のように素早く深くまで催眠にかける必要があります。

日本催眠術アカデミーで本物の催眠を習得してしまえば、早く催眠にかけることも、ゆっくり催眠にかけることも可能です。

ショーとして活躍したい場合は、基礎からの訓練を行い、動画のように一瞬で深くまで催眠にかける方法をレクチャーしております。

催眠術習得セミナー

PAGE TOP